FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当のほうじょうです!今日のテーマは「この虫が怖い!」です。暑くなってくると虫たちの行動が活発に…子供の頃は虫も大丈夫だったはずなのに、なぜか大人になると怖くなったり、子供の時は触ることもできた虫に近づくことさえ出来なくなったり。「刺される」「羽音がすごい」「...
トラックバックテーマ 第1440回「この虫が怖い!」












カ○ムシ。


奴らは恐ろしい。

かの有名な害虫、黒光りのGでさえもしのぐと思ってる。
黒光りのGは台所やら水回りを清潔にしておけば出ることなんてないのだ。

しかし!

恐怖の五角形は清潔にしてようが何だろうが関係ないのだ。
越冬、ただそれだけのために無断で民家へ大量に押し入り、住み着くのだ。
おかげで夏の間は奴らと長い戦争をすることになる。人間が奴らに対抗するにはガムテープやペットボトルが有効だが、少しでも失敗すると、奴らは自らの尻を上げて強烈な毒ガスを浴びせるのだ。
狭い空間に閉じ込められてそれを放てば自分自身さえも死滅すると言われる、KAMEMUSHIの最終兵器だ。

奴らを追い出す方法は人間にはない。自分の大切な家を奴らに植民地として明け渡し、嫌でも共同生活をおくる羽目になるのだ。

巷で出回る虫よ○当番や殺虫剤などは奴らに対しては全くもって無効である。ママ○モンを浴びせたとしても奴らはなお生きるのだ。なんとしぶといのだろう。そしてなんと図々しいのだろう。
農家にとっても、一般住民にとっても、奴らは永遠の敵であり、迷惑な住人である。一刻も早く立ち退きを願っても、奴らに出ていく意思はない。

屋根裏に、瓦の隙間に、タンスの中に、あるいは自分の服や下着の中に、常に奴らは潜んでいる。


そして私は今日も奴らと終わりなき戦争をしているのだった。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mist48.blog64.fc2.com/tb.php/229-2b643a45

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。